ご挨拶

第57回 日本周産期・新生児医学会学術集会

会長鮫島 浩

宮崎大学医学部附属病院長
宮崎大学医学部発達泌尿生殖医学講座産婦人科学分野 主任教授

このたび、第57回日本周産期・新生児医学会学術集会を2021年(令和3年)7月11日(日)~13日(火)の3日間、シーガイアコンベンションセンター(宮崎市)で開催する運びとなりました。2006年(平成18年)に池ノ上克教授(現 宮崎大学長)が第42回を主催されて以来、15年ぶりの宮崎での開催となります。

本学術集会のテーマは「神話の地から、周産期医学の未来への提言」としました。目覚ましい医療の進歩によって、周産期死亡率、新生児死亡率は著しく低下しましたが、さらなる病態の解明や新たな機器の発達、治療の進歩によって、まだまだ改善していく余地が残っています。これらの点をふまえ“日向の国”宮崎から周産期医学の未来へ発信したいと考えます。また社会的には、少子化、晩婚化によって社会構造が変化し、周産期を取り巻く環境にも様々な変化と新たな問題が生じてきています。そこで産科、小児科、小児外科、麻酔科、行政等様々な分野から、医師、看護師、保健師・助産師、心理士や理学療法士など多職種連携も視野に入れて検討していく予定です。

海外からの招請講演としては、胎児生理学分野で活躍してこられた米国Loma Linda UniversityのCharles A. Ducsay先生、新生児分野ではUniversity of California, Irvine、NICU部長のCherry C. Uy先生をはじめ各分野から講師をお招きします。周産期医学の歴史、up-to-date の様々な観点から、日々変化し多様化する産科、周産期、新生児医療を見つめつつ、教育セミナーやシンポジウムも企画していきます。 7月、夏真っ盛りの南国宮崎で、ラフな格好で、暑い夏を熱いディスカッションで盛り上げていただきたいと思います。全国から多くの皆様方のご参加を心からお待ち申し上げます。